My special favorite♪

日記、SMA、バンプ、あらし…。 とにかく私の好きなものを語っていきます♪

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「涙のない泣き顔」「その一言が温かかった」

2011/03/22 16:36
生スマ、すごくよかった。

5人一人ひとりの思いが温かかったと思ったし、
今こうしたい、こうありたい、こうしなければならないといった
なかなか普段聞けない世の中に対する感情なんかも
真っ直ぐに伝えてくれたと思う。

中居さんが見せた、真剣な表情や、
たくやさんが見せたやるせない気持ちをちょっと悔しそうに話す表情や、
ガキさんの落ち着いていて、柔らかい表情でいてくれたこととか、
つよぽんの少しさみしそうで、それでも優しい表情や
慎吾が見せた、ずっと泣きそうだったのに最後に見せたくしゃっとした笑顔。

それぞれの感情がぐさっと刺さりました。

今回の地震で、私自身も考え方というか、あり方がほんの少し変わった気がしています。
一秒後に何が起こるか分からない、
なんて、誰でも頭では分かっていて、当然のことだと分かっていたはず。

それなのに、いざ一瞬にして何もかもが変わってしまった今の世の中を目の当たりにすると、
こうも捉え方が変わるのかと。。少し情けなくなった。

私は被災したわけでもないし、11日、ちょっと帰れなくなって、
家の中で物がぐちゃぐちゃになって、物が割れたぐらい。
たったその程度で済んだ私なんかが、こんなことを言うのはおかしなことかもしれないけど
今もまだ尚続く余震が怖いし、この先日本がどうなるかが不安になる。
揺れも続くから、ここ一週間位ずっと頭が膨張したみたいにふわふわする。
そんな感じに、少し病み気味なのです。

そこで彼らが言ってくれた「出来ることをしよう」という言葉。
「自分も不安なんだよ」って言ってくれたこと。
それがどんなに心強かったか。

今私に出来るのは、節電とささやかな募金くらいだけど、
できるだけいつも通りの生活をすることが大事なんだなと思った。

5人が言ってくれた言葉は、
テレビの中の人として凄く勇気がいったことだと思うのね。
こうあるべきなんじゃないかな、とか
こういう行為はやめないかな、とか。

でもそれが彼らなりの優しさであり、出来ることだったんだと思う。
偉い人がデスクの向こう側から
「コレハコウデス」「コウシマショウ」「アアシマショウ」
と言うより、
「自分たちもこうだから一緒に頑張ろう」
と言ってくれた事に大きな意味も、影響力もあったんじゃないかな。

中居さんの
「偽善とか思うかもしれないけど、そんなことはどうだっていい」
という言葉もそう。
“困っている人のために自分がこうしたい”という、ある種のエゴでも、
私はそれも優しさになると思う。
いつか藤くんも言ってたけれど、
その自分がこうしたいと思ってしたエゴイスティックな行為によってでも
誰かが救われるっていう圧倒的な事実もある、ということを、
改めて気づかせてくれた気がしました。
自分がこうしたいから、という行為には偽りはないものね。


最後に歌ってくれた「どうかとどきますように」と「がんばりましょう」も素敵だった。
御世辞にも上手とは言えないへたっぴな歌だったけど、すごく伝わったと思う。
思いがこもってて素晴らしかった。


「涙のない泣き顔」をくれたことだけでも、
私にとっては大きな力と支えになった。
彼らが必死に紡いでくれたくれた言葉と心を、
私たちは大切に受け止めなきゃいけないなと思った。


スポンサーサイト



<<適材適所。 | Home | 年長さん>>

Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。